集団指導型の塾のメリット

塾には一人、または二人程度の生徒に対して講師が授業を行う個別指導型と、数人から数十人の生徒に講師が授業を行う集団指導型の塾がありますよね。どちらの塾が自分、あるいは子供に適しているかはそれぞれの塾…

集団指導型の塾のデメリット

集団指導塾は基本的に学校の授業と同じ形式で学ぶことになります。講師は一人で十数人の生徒を受け持つことになるため一人一人に注目して指導する余裕がありません。そのため集団指導塾では勉強をする環境や知識…

集団指導型の塾の選び方

個別指導塾は生徒一人当たりの講師の人数が多くなるため、アルバイト講師に依存しがちです。一方で集団指導塾ならば講師の人数は比較的少なくて済むため、その分質の高い講師が指導に当たることが多くなります。…

個別指導型の塾のメリット

個別指導型の塾の場合、生徒に合わせて、例えば学校の教科書を使ったり塾の問題集を使ったりなど、好みの教材を自由に使うことができます。苦手な教科でも、工夫しながら楽しんで勉強できるので分かる楽しさを実…

個別指導型の塾のデメリット

個別指導塾は生徒個人のペースに合わせて指導してくれます。授業についていけないしそれに気づいてもらえなくて効果が皆無、ということは発生しにくいですが、逆にいつまでもペースアップしない、ということも考…

個別指導型の塾の選び方

講師1人当たりに対する生徒の人数で選ぶ

個別指導塾を選ぶ際にチェックしたいポイントが、講師1人当たりに対して何人の生徒を同時に指導するのかです。個別指導塾だからと言って必ずしもマンツーマン形式とは限りません。1人の講師が2~3人の生徒を指導するような塾もあります。完全1対1形式の個別指導塾は講師と生徒が2人きりで授業を行うので、周囲の目が気になる子どもや疑問があったらすぐに質問したい子どもにおすすめです。1対複数の個別指導塾は、1人の生徒に指導している間は他の生徒は問題を解いたりノートを書いたりしながら授業を行います。マンツーマン形式よりも授業料が安くなる傾向があり、しっかりと解説をしてほしいけれどほかの生徒がいても平気という子どもに向いています。それぞれ特徴が異なるので、しっかりチェックしましょう。

体験授業に参加してみる

個別指導塾では体験授業を行っている塾もあるので、参加してみると良いでしょう。体験時には生徒と先生との相性を確認するようにします。子どもに授業を受けた感想を聞いて判断しましょう。体験時に受けた先生からその後も指導を受けられるのかも重要です。塾によっては先生が頻繁に変わるというケースもあります。成績向上のためにも、なるべく同じ先生から指導を受け続けられる塾を選ぶ方が無難です。また、授業を受けるときの環境についてもチェックしましょう。学習スペースが狭かったり、騒音がうるさかったりと実際に通ってみないと分からない面もあるので、しっかり見せてもらいましょう。他にもトイレの清潔さや通塾時の安全性など、安心して子どもを通わせられる環境が整っていることも、確認してみるのがおすすめです。

個別指導の人数について

個別指導とは、予備校や塾などが先生一人に対して、授業を受ける生徒を一人に制限した形で行われる指導形態のことを指します。